看板商品という存在について

看板商品というものはとても大事な要素です。たとえば何気なく店に入った時にすべての商品がそこそこの値段だった場合記憶にも残らないことが多いでしょうが、何かひと品でも他よりも安かったり、よさそうなものがあれば記憶に残る、あるいはあの店はたまに何かしら安くなる、おもしろそうだと思ってもらえることがあります。そしてそれによりほかの商品は平凡といわないまでもそこそこでもそのインパクトで薄れてくれるのです。さらに広告を打つ際にもそうした看板になるものがあればそれを大々的に表示できますし、チラシなどにも使えるのです。今の世の中さまざまなものがあふれています。そんなところで生き残るには企業努力が必要不可欠です。すべてのお客様のためにすべての商品をなるべく安く、というものよいのですがこれ、というアピールポイントも大切なのです。


看板をみることで用心する

私は道端にある注意看板をよく見ます。例えば、住宅街によくあるものは、変質者注意とか、火の用心とか、空き巣に注意、通り魔に注意などをよく見かけます。また、ドライブ中などに見かける、熊や鹿や猿など、動物に対して注意するもの。さらに落石やなだれ、霧など、自然災害に対するもの。それを見かけた場所では、普段以上に用心して通ります。特に私は女性なので、夜遅くに外を一人で歩くのは怖いです。夜一人で歩く時は、携帯電話などで音楽は聞かずに、人の気配をすぐに感じられるように用心しています。注意書きがしてある看板がある所では、そういうことが多く起こる場所などと思い、早歩きをしたりします。このような注意書きを見て、私のようにいつも以上に用心する人はなかなか多いと思います。看板があるとないとでは、人が用心する度合いが変わってくると思います。


看板の宣伝効果はすごい

外に出かけると目に付く機会が多いものとして看板があります。面白いデザインも多く、笑ってしまうこともあります。もし、私が何か店を開くとしたら、インパクトのあるデザインにしたいです。インパクトのあるデザインだったら、印象に残り、口コミで広がる効果も高いと思います。上手くいけば、テレビ番組に取材されることもあります。でも、自分で作るとなると、専門的な材料が必要だと思いますし、大変そうです。それに発光しない看板だと夜は全く見えなくなるので、夜も営業している店であれば、発光させる必要があります。それにユニークなデザインにするにしても、センスが必要だし、絵も上手くないといけないです。やはり、素人が自分で看板を作るよりかは、プロに頼んだ方が素晴らしい物ができるはずです。もし、自分で店を開くことになったら、プロの業者に依頼するのが良いようです。

コメントする
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)