看板の使い道はデザインできまると思います

町中いたるところにある看板ですが、文字だけのものや、イラストが入ったものや、夜になると明かりが灯るものまで、たくさんあります。どれもが広告宣伝というわけではなく、公共の地図の役割のものもありますが、多くは広告宣伝ですね。以前、友人が勤務していた学習塾で、電飾の看板をつけるかどうかで、先生方の意見が分かれたそうです。学習の場に派手な電飾はふさわしくない、という意見の一方で、明るく楽しい印象になっていい、という意見です。結果、電飾で「進学」「学習」の文字を作ったそうです。友人は、案ずるより産むが易しだった、と言っていました。派手かもしれない、という危惧はむしろ暗い夜には、明るくて安全という印象に変わったのだそうです。文字デザインも、可愛らしい、丸いものだったそうです。看板の用途は、デザイン一つでいろいろ使えるものです。


看板に広告を出す事について

看板について、これはかなりの宣伝のインパクトがあると思います。どこに広告を出すかにもよりますが、今や、どこにでもあるという印象を受けます。例えば、まだ知名度のない会社でも、それを出すことで、信頼感はかなり上がると思います。しかし、そこで出すだけで何かに繋がりを持たすことが重要だと思います。お土産屋さんの看板などはかなり良い効果が得られるのではないかと思います。大きな広告を出すことで、誰かが見ることで頭に残り、実際の店舗を見た時に興味がわき、お店に入ってみようか、もしくは一個試しに買ってみようとなるかもしれませんので、こういった広告は無駄には絶対にならないと思います。どれだけ頭に残るように戦略を組み立てるかが大切だと思います。また道標にもなると思いますし、道路脇にあるものなど、かなりドライバーの目を引きます。


看板と市街地の動線の確認

店舗などの看板を掲示するときには、できるだけ目立つようにすることはいうまでもありません。特に、店舗自体が、外から見て営業の種類などが分かりづらいものであるときには、集客にとって特別に重要な要素となるからです。しかし、目立つといっても、具体的にどのような掲示の仕方が目立つことになるのかは、一義的に決まるものではありません。一般的には、一階部分に掲示することで、市街地の通行人などから視認されやすくなるということはできますが、同じような商業ビルが並んでいる場合には、周囲の掲示の仕方に合わせないと、検索の対象とならなくなってしまうこともあります。また、多少開けた通り沿いなどでは、遠距離から確認できることも大切なので、この場合には、高いところに掲示することが有効です。このように、看板を掲げる市街地などの動線や、視認のされ方に、よく注意することが必要なのです。

コメントする
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)